一般家庭における相続税問題も深刻化傾向に!

一般家庭における相続税問題も深刻化傾向に!

一般家庭における相続税問題も深刻化傾向に!

最近の少子高齢化によって、相続及び相続税問題は一般家庭でも当たり前に存在する時代となりました。近年における日本の現状を見てみますと、空き家問題が非常に深刻化しています。つまり、住む人間が居ないので相続自体ができにくいと言う問題でして、子供世代も故郷を離れて都会暮らしをしていますので相続どころか全く手つかずの状態になっているのです。

 

これによって形成される空き家は、事実上放置されたままになっていることも多いでしょう。しかし、一般家庭の問題の中において、同じ家屋問題でも別のタイプが存在しています。

 

それが、兄弟が一緒に親名義の自宅に住んでいる場合です。この場合は、親が亡くなると相続の問題と同時に名義変更の問題も大きくなる傾向にあります。理想的なのは兄弟のうち、1人が単独で名義人になることです。

 

しかし、不動産名義として共同名義も認められていますので、複数の名前での登記がなされることでしょう。それでも問題なのは、この複数名義人の一部が突然亡くなった場合に、名義の変更が非常に難しくなるということでしょう。

 

同じ家屋には兄弟が引き続き一緒に住んで行くケースも多く、この場合は次の世代への相続が非常に難しくなります。もちろん、登記をしていなくても裁判トラブルに発展しない限りは問題ないのですが、長い年月で考えると名義が変更しにくい状況と言うのは後世の家族に迷惑をかけてしまうのです。やはり、共同名義は可能な限り避けなければなりません。


ホーム RSS購読 サイトマップ