資産家の家系だからこそ揉めやすい相続税!

資産家の家系だからこそ揉めやすい相続税!

資産家の家系だからこそ揉めやすい相続税!

現在は一般家庭にも相続税問題が出てくることも多くなりましたが、やはり資産家の家系になりますとより揉めやすい環境にあるのは言うまでもありません。金額自体が非常に大きい訳ですから、できるだけ大きな金額を取ることができなければそれだけ相続税も非常に大きくなるからです。

 

資産家の家族になりますと各相続人もお金に関して非常にシビアでして、既に相続で得た資産の使い道を決めているケースも多いでしょう。資産家の家系で揉めやすいのは不動産よりもやはり預金などの流動資産になりまして、万が一被相続人が遺言書を設定せずに亡くなった場合は長期間に渡って大きなトラブルとなる可能性も高くなります。

 

そのため、弁護士を挟んで遺言書の作成をしっかり行うことが重要でして、被相続人が亡くなっても遺言書の有効性が大きく争われることさえあるのです。遺言書の作成に至っては第三者である弁護士による不正が存在することもあり、より複雑な問題に発展して行くことも多いでしょう。

 

それでも、資産家の家系の相続は遺言書の有無に関わらず、専門の代理人を設けることが無難です。これは被相続人自身が積極的に雇うことを考慮しなければならず、くれぐれも自分自身解決すると言うことを考えてはいけません。

 

また、資産家家系の場合は男女混じった兄弟間で揉めることが非常に多いとされ、女兄弟の嫁ぎ先なども積極的に口を割り込んで来ることもあります。そのため、専門家の選定は迅速に進めなければならないのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ