不動産は相続税以外に固定資産税にも悩む?

不動産は相続税以外に固定資産税にも悩む?

不動産は相続税以外に固定資産税にも悩む?

多くの家庭で発生することも多い住宅不動産の相続ですが、アパートなどの賃貸などに暮らしている世帯の方に言わせると羨ましく感じられるイメージもあります。しかし、住宅と言うものは建築して終わりではなく、それを何十年も維持して行かなければならないのです。

 

住宅に関しては相続税もそうですが、固定資産税も非常に重い負担としてのしかかってきます。まず、住宅は一戸建てやマンションを問わず、身の丈に合った物を購入しなければなりません。一部では値段が高くても良いところに住もうと考える方もいるようですが、それが収入計画と著しくかけ離れている場合は維持費に大きく予算を割かれることになるでしょう。

 

億ションなどの非常に高額なものになると、場所によっては評価額が下がらないことも珍しくありません。そのため、毎年高額な固定資産税を払い続けなければならないと言う事態に発展しやすくなります。

 

親名義の高級住宅などを相続する場合は評価額によって、高額な相続税を支払うことも少なくありません。なおかつ、相続後もずっと高い評価額で推移するとすれば子世代にそれを支払う能力がない限り大きな負担となって行くのです。

 

よって、親名義の住宅を近い将来相続する可能性がある場合は、相続における費用負担やその後の維持費なども綿密に計算して行くことが求められます。これは決して早すぎると言うことはなく、可能性が発生した段階で情報収集なりを進めて行くことが重要でしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ