相続税の支払いを放棄することもできる?

相続税の支払いを放棄することもできる?

相続税の支払いを放棄することもできる?

親世代から財産を相続することはいつの時代でも発生しますが、それと同時に相続税を支払う義務が発生します。しかし、できるなら相続税を払たくないと言う方も多くいらっしゃることでしょう。実はそれも1つの選択肢として存在しているのです。

 

相続税を支払わないための手っ取り早い方法、それは相続自体を放棄することになります。基本的に相続税は相続すべき財産がある場合に課税されますので、相続しないと言う意思を示すことで税金の支払いを逃れることができます。

 

しかし、その代わりにそれまで住んでいた親名義の住宅などに住み続けることができなくなるので、子世代にとっても税金の支払いを放棄することは安易に行えない事情もあるでしょう。

 

また、相続財産は決してプラスのものばかりではなく、マイナスつまり負債も財産として認識されますので相続税の算定はそれを含めた評価額に対するものになります。特に、住宅などの資産の他に何らかの親の流動負債があった場合は、それを合算すれば総評価額は下がりますので相続税は減る可能性もある訳です。

 

このように親の負債の処理と言う問題は別に残る訳ですが、相続税自体を減らすことができる対策は親が生前のうちに進めて行くことで後々非常に大きな効果を持つようになります。

 

それでも、総体的に見て相続すること自体に著しく経済的デメリットがある場合は、相続の放棄を考えて行くことが適切な場合もありますので専門家と相談して判断しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ