財産があっても相続税に悩む方が多い?

財産があっても相続税に悩む方が多い?

財産があっても相続税に悩む方が多い?

基本的に人間は財産を構築するために生活する人も多く、それ自体が生きがいと言う方も決して少なくありません。しかし、多くの方は資産構築に意識が集中してしまって、相続に関してはあまりにも無頓着な方も多いのです。

 

それでも、将来的な資産の相続について心の準備をしている方も少なからず存在していて、このような方は財産が取得できるのにもかかわらず、相続税に悩むことも珍しくありません。

 

相続税に関して、非常に悩む資産としては不動産が挙げられます。一般家庭になりますと、不動産は家屋やマンションが多いのでしょうが、資産家になると土地や山林など建築物の建っていないもタイプもあります。

 

特に山林などになりますと、仮に評価額が大きくても換金流動性が著しく低い立地のものもあるでしょう。この場合は相続するだけで税金用の資金を用意しなければならないのです。

 

資産でも現金や預金の相続であればその中から直接相続税を支払うこともできますが、土地ばかりを引きつぐ場合は税金用の資金が用意できない現実的問題に悩む方が多くなります。特にこの傾向は今後も大きくなると見られていまして、親世代と子世代の経済的な格差も大きな要因となっているでしょう。

 

そのため、資産の無い方になりますとどうしても相続できて良いと言うイメージがありますが、それは引き継ぐ財産によって大きく事情が異なります。実態は非常に多く方が税金を払えずに困っている状況が多く見られるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ