相続税の対策に失敗しやすい人とは?

相続税の対策に失敗しやすい人とは?

相続税の対策に失敗しやすい人とは?

かつては他人事と思っていた相続問題。しかし、最近は相続税の対策を含めて失敗する方も非常に多くなっています。ここでチェックしたいのは、一体どんな人が失敗するのかと言うことです。

 

失敗しやすい方の傾向の1つとして、資産を所有している親世代とのコミュニケーションが良く取れていないと言うことが挙げられます。近年は子供が故郷を離れて暮らすことも極めて多く、意識して親と連絡することをしなければ疎遠になることも多いでしょう。

 

このような状況では、親がどんな資産を持っているのかなどが把握もできません。普段から故郷に帰ることや、定期的に電話などで連絡していればコミュニケーションの中で資産の話題も出て来るものです。

 

そして、親に何らかの問題が起きた場合にのみ慌てて対応する子供も多いので、いざ相続問題が発生すると時間的余裕を持って対処できなくなるでしょう。

 

また、基本的な法定相続人が1人の場合であればまだ良いのですが、兄弟を含めて複数人による相続が想定される場合も多いのです。兄弟間で相続に関して話題にする場合、得てして兄弟間での温度差が浮き彫りになります。

 

親がいるうちにできるだけ早く、相続するとどのくらいの相続税が発生して、経済的なメリットと今後の維持費はどうなるのかなどをしっかりと話し合うことが重要でしょう。親族だけで話し合うのが無理であれば、第三者の専門家を挟んで現状を把握することが全体として失敗しない相続税対策にも繋がるのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ