相続税ってなぜ必要なの?

相続税ってなぜ必要なの?

相続税ってなぜ必要なの?

日本人は親が資産を持っている場合、親が亡くなりますと相続しなければなりません。ここでは、相続評価額に応じて相続税が課されることになります。しかし、多くの方が理解できないこととして、相続税はどのような意義があるのかと言う点についてです。ここでは、その意義と目的について説明して行きましょう。

 

日本の税制はお金のあるところから万遍なく徴収する性質を持っていますので、資産を相続すると言うことは財産が増えることになりますのでそこに課税の意義があります。非常に簡単ですが、これこそが相続税の基本でして、日本の税収を安定させるための役割の一部を担っているのです。

 

また、相続税徴収のもう1つの側面から見た目的として、財産がある人とない人の不公平さを解消することにあるでしょう。人間はどうしても生を受けた家庭によって、経済的なバックグラウンドが決まることも少なくありません。

 

よって、資産を相続できる人とそうでない人の差が自然と生まれて来るでしょう。この点は、上述のお金があるところから徴収する流れに繋がりますが、根底にあるのは国民の経済的格差の解消を目的としていることもあります。

 

それでも、最近は相続をしなくても良いように法人名義で資産を持つケースもあって、本来の相続税の趣旨にそぐわない運用方法をしている方もいるのです。これは決して違法ではありませんが、資産のない方から見ますと非常に複雑な思いを抱かせる要因ともなっているでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ