相続税対策 保険

相続税対策〜生命保険でのメリット・デメリット

相続税って一体何?

人間の人生は所有するものをきちんと財産を築くだけでなく、それを後世の人間がスムーズに受け継ぐことができるように仕向けて行くことも非常に重要です。それこそが相続になりまして、一般的に相続財産には相続税が課されることになります。

 

相続税は一般の方から見ると自分には関係のないと言うイメージを持たれていることも多いようですが、まだまだ日本では一戸建てやマンションを所有する方も多いので意外に相続が身近に発生するのです。

 

また、最近は地方出身者と中心として故郷における実家の空き家問題も深刻化していまして、この分にかかる相続及び相続税の問題が彼らに重くのしかかる傾向にあります。もちろん、流動資産であるお金などに関しても同様の問題が発生して来るでしょう。

 

親世代などが若い頃は良いのですが、人はいつの日か必ず終わりの時を迎えますのでできるだけ早く相続について考慮することが無難なのです。

 

相続においては多くの家庭において無知であることが一般的でして、それが災いして様々な問題が発生することも少なくありません。ここでは、できるだけ相続税に関する対策を逸早く取れるように知識を高めると共に、相続を取り巻く様々な問題などもご紹介して行きます。

 

相続税の対策っていつから始めるの?

相続を考えた場合に、相続税は決して切っても切り離せない問題です。実際相続の問題が起きた時に、多くの家庭では慌てふためいて非常にストレスとなって行きます。これを考えた場合、やはり早めに考慮して行きたいものです。しかし、相続税に関する対策っていつから始めたら良いのでしょうか?

 

基本的に、相続税に対する準備はいつ始めると言うことはありません。重要なのは、将来的に相続すべき財産がどれくらいあるかを親と一緒に整理しておくことです。親は元気なうちはこの大切さを感じることはないのですが、親が病気になるなどの事態になりますとその世話などに時間を取られまして整理どころではなくなります。

 

相続すべき財産を早く把握しておくことで、相続税の金額以外にもどのような問題が発生するかなども客観的に理解できるようになるのです。つまり、今相続の問題に対して喘いでいる方のほとんどが、普段から相続にあまりにも無関心であったと言えるでしょう。

 

相続そのものをいつ起こってもおかしくないと言う認識を常日頃から持っていることで、結果的に将来的な相続税対策も少ない労力と手間で処理ができるようになります。まずは、親と一緒に向き合うことから始めてください。

 

相続税の対象ってどんなものがある?

少子高齢化が進む日本においては、相続に関しても誰もが避けて通れない大事な問題となっています。相続する財産に対して相続税が掛かりますので、経済的負担が日常生活に大きく悪影響することもあるでしょう。そのため、家庭内に相続税の対象となるものが、現時点で何が存在しているかについて知らないことは急な相続に対処できないこともあるのです。

 

一般的に相続の対象となるのは、親世代つまり被相続人の名義である自宅を代表とする不動産になります。不動産は常に価値が変動しますので、取得時の価値とは釣り合わないことがほとんどです。そのため、相続の段階になると不動産の評価を進めなければなりません。

 

また、不動産と並んで重要なのが現金や預金などの流動資産です。特にトラブルになりやすい資産形態と言えまして、個人名義で商売している方もいるので時として資金繰りに大きく影響することもあります。

 

さらに、被相続人が生命保険に加入していることもあって、死亡一時金が遺族に振り込まれることもあって限度額を越えますと相続税が課される対象となることもあるでしょう。

 

このように、法的に及び明確に被相続人の名義として存在しているもののうち、生前に遺族が知らないものもありますので生前における認識が求められるのです。

 

相続税の対策は自分でできる?

将来的に遅かれ早かれ発生することになる相続の問題ですが、いざそのような機会になりますと実に多くの方がスムーズに対処出来ません。しかし、相続の問題と言うのは時としてデリケートになりますので、他人には任せられないこともありまして自分で解決しようと考えることも多いでしょう。

 

それでも、相続には相続税なども含めて膨大な書類手続きも必要ですし、日常生活との兼ね合いもあってできるだけ迅速に進めなければなりません。そんな状況で、スムーズに進めることは非常に困難なことも多く、やはり専門家に依頼して処理を手伝ってもらうことが必要になる場合もあります。

 

また、中には相続の専門家を雇わなくても自分でできると言う方もいるのですが、複数の相続人が存在するケースになりますとその1人が集中して処理を進めることで不信感を持たれてしまうこともあるのです。

 

さらに、本来において人間関係が良好だった家族間に摩擦が生まれることも多く、これをあらかじめ回避するために敢えて第三者の専門家に依頼して処理してもらうケースもあります。これによって、自分で処理をすることは決して悪いことではないのですが、家庭の状況によって進め方は慎重に決めなければなりません

 

なぜ相続税ってトラブルになりやすい?

最近の法律バラエティ番組の影響もあって、非常に耳にすることも多い相続と言うキーワード。それでも、多くの方が自分には縁のないと遠い視線で見つめていることも少なくありません。しかし、実際は相続税も含めると非常にトラブルに発展しやすい項目なのです。

 

相続税におけるトラブルで最も多いのが、資産に対して非常に高額になるケースです。つまり、土地や建物などの不動産を事故の所有物として相続して名義を変更したいけど、予想以上に高い税金が掛かってしまうという問題でしょう。

 

相続する物の価値は高いのにそれに付随する相続税が非常に高いのでは、トータルで得られる経済的メリットは大きく目減りすることになるからです。また、そもそも相続人自体に相続したくないケースもあって、これに対して相続税を支払うことへの抵抗感を強く持つケースもあります。

 

そのため、相続税に関するトラブルは家庭の事情によってそれぞれ異なるものの、各家庭の生活に対して大きく悪影響を及ぼす問題となるのです。このトラブルを回避するためには、家族間はもちろんですが専門家を交えたコミュニケーションが必須となります。そして、このことが結果的にスムーズな相続税対策となるのです。

 

相続税と贈与税の違いとは?

人は死ぬまでに色々な物を手に入れますが、死んでからあの世に持っていくことはできません。しかし、非常に面倒なのは相続がしっかり出来ていないと、資産自体はこの世に残っても残された遺族が活用できない事態に陥ることです。実際、複数の代に渡って名義変更がなされなかった土地などにおいて、権利の再設定が非常に難しいケースもあります。

 

しかし、最近相続と並んで良く耳にするのが贈与と呼ばれるものです。基本的に、完了させるには相続税と贈与税が課税されますが、両者の違いを理解している方はまだまだ多くないようです。

 

一般的に相続は被相続人の死亡によって手続きを進めますが、贈与は被相続人が生前の頃から進めることができる権利移動となるでしょう。しかし、相続税と贈与税を比べますと贈与税の方は明らかに税率が高いことでも知られています。

 

さらに、生前贈与から3年以内に被相続人が死亡した場合は、支払い済みの贈与税とは別に加算して相続税を支払わなければならないのです。そのため、被相続人がいつ死ぬかもわからない状況での生前贈与はあまり好ましいことではありません。

 

相続の場合は遺言がない限りは法定相続人によって相続されますが、贈与は生前に所有者が好きな人に贈与できることが大きな特徴です。


ホーム RSS購読 サイトマップ